マチマチ技術ブログ

ご近所SNSマチマチの開発チームよりお届けします

Rails Developers Meetup 2019にて藤村と武者が登壇しました

2019年3月22日・23日に開催されたRails Developers Meetup 2019(Railsdm 2019)にて、マチマチの藤村(@ffu_)と武者(@knu)が登壇しましたので、その内容について本ブログでも簡単にご紹介します。

"入門 名前" by 藤村 大介

まつもとゆきひろさんの座右の銘「名前重要」はRuby開発者やコミュニティ周辺にも広く浸透しているところですが、マチマチにおいても、機能やエンティティーなどに付ける名前については頻繁に議論の的になります。

大学では哲学を専攻していた藤村の思索の世界の片鱗が見える、「名前について哲学的アプローチで考えてみた」発表です。

発表資料

発表動画

www.youtube.com

"Evolution Of Enumerator" by 武者 晶紀

Rubyでもっとも愛されている機能の一つに、Enumerableモジュールがあります。発表者自身も、Enumerableに魅せられてRubyを好きになった口です。そんなEnumerableを拡張すべく「Enumerator」が生まれた経緯から、その後多くの開発者が「繰り返し」について考察、発展させてきた歴史をひもとき、未来の展望についても触れた発表です。

思い入れが余ってトピックを盛り込みすぎ、30分の発表時間には到底収まらずに尻切れとんぼとなりました。後でフルバージョンを通しでやってみて時間を測ったところ、たっぷり60分掛かったのでした。準備不足を反省し、次回への糧としたいと思います!

発表資料

発表動画

www.youtube.com

Railsdmについて

今回のRailsdm 2019は、発表者としても聴講者としてもすばらしく楽しいイベントでした。DHHのリモート出演Jeremy Daerのキーノートなどの目玉はもちろんのこと、さまざまな領域、立場で活躍する人たちが一堂に会して、技術、マネジメント、キャリア、組織、事業などについて思うところを存分に披露する様は圧巻でした。

私達マチマチのメンバーも、現地での発表はもちろんのこと、我々が展開するサービス・事業やこの技術ブログについてのフィードバックを多くの方々から直にいただき、ありがたくも楽しい場でした。

オーガナイザーのカルパス(@yoshi_hirano)さんには、我々に登壇を打診いただいた感謝とともに、獅子奮迅の活躍でイベントを大成功に導いたことの労いの言葉を掛けたいと思います。本当にありがとうございました。

また、それぞれが粋な形でイベントを支えたスポンサー各社様やスタッフの方々にも大いなる感謝をしつつ、我々もスポンサーなどの形でお手伝いできるようがんばろうとの思いを新たにしています。

Railsdmは、今回を最後に発展的解消して"RailsKaigi"に生まれ変わるとの発表がありましたが、今から大変楽しみです!

マチマチ

発表や懇親会でマチマチに興味を持っていただいた方もたくさんいらしたようです。ぜひ、Twitterなどでもお気軽に連絡ください。毎月ドリンクアップもやっていますので、遊びに来ていただければ幸いです!

www.machimachi.co.jp

www.wantedly.com